医者

顎のたるみ・二重顎を改善する方法を徹底解説!

  1. ホーム
  2. 顔にハリを取り戻そう

顔にハリを取り戻そう

女の人

簡単手軽に綺麗になれます

生きている限り人間の体は老化していくものですが、出来る限り若さを保ちたいと思うのも人の性。特に顎のたるみは、顎以外にも原因が考えられます。というのも、年をとると顔全体の筋肉が衰えます。さらに顔の脂肪も年とともに減少する傾向にあり、結果、顔のハリが失われ皮膚が下がっていき、顎のたるみとなって表れるのです。この顎のたるみ、一度起きてしまうとなかなか元には戻りにくいもの。基礎化粧品の見直しや、エクササイズを試してみてもなかなか効果が実感出来ず、悩んでいる人も多いのが現状です。現在、美容整形外科で顎のたるみにアプローチする方法が人気を集めています。その理由はズバリ、簡単に、短時間で効果が実感出来るから。美容整形外科での施術というと顔にメスを入れるイメージがありますが、今はそんなことはありません。肌へのダメージや痛みを最小限に抑え、跡が残らない施術が可能になっています。一口に顎のたるみと言っても、人によって症状や進行度は様々。美容整形外科ではまず、カウンセリングでその人の状態を探り、ひとりひとりに合った施術方法を検討します。自分のなりたい顔のイメージを相談出来る点も安心です。たるみ治療で代表的な施術といえば、ヒアルロン酸やコラーゲンなどを注射する方法です。ヒアルロン酸は水分を蓄える性質があり、肌にハリを与える効果があります。また、コラーゲンは人間の肌に元々ある物質でハリやツヤをもたらす役割がありますが、年と共に減少していきます。減少したコラーゲンを注入し補うことで、アンチエイジング効果が期待出来るというわけです。顔に針を刺すというと痛みが気になりますが、最近は技術の進歩によりとても細い注射針が開発され、痛みを感じにくくなっています。注射するだけなので施術時間もあまりかからず安全で、すぐに効果が実感出来ます。さらに現在では、レーザーによる施術も登場しています。こちらは、コラーゲンの生成を促す特殊なレーザーを肌に照射することでたるみやシワを軽減するというもの。注射より広範囲に渡って効果が期待でき、痛みもより少ない施術方法です。これらの方法でもたるみが解消されない場合には、脂肪細胞を溶かす特殊な注射もあります。たるみが気になる部位に直接アプローチするので、より効果が実感出来るでしょう。以上のどの方法でも魅力的なのが、ダウンタイムが短い点。施術を受けた直後からメイクも出来ますし、その日からシャワーを浴びることも可能です。即効性や安全性はもちろんのこと、この手軽さも、美容整形外科でのたるみ治療の魅力のひとつです。