家が仕事場になる便利な併用住宅が注目を集めている

幅広い活用ができる

積み木

節税やローン負担の軽減に

併用住宅とは人が居住する部分と、居住者が事務所や店舗などの利用目的で、建物の一部のスペースを業務などで併用した住宅のことを指します。しかし、業務だけでなく、住居とは別の目的であれば何でも可能となっていることから、最近では賃貸用スペースを用意して、ローン負担の軽減や節税対策に役立てている人もいるようです。通常、住宅ローンは居住目的でなければならず、賃貸など不動産投資用の場合は別のローンを組むことになります。併用住宅はその問題の穴を抜けた活用法で、自宅用スペースが50%以上であれば住宅ローンが適用できるため、賃貸に利用して家賃収入を得ることができるようになっています。併用とはいえ、基本的に居住スペースが2世帯分できるので、賃貸でなくても例えば親と生活する2世帯住宅としても活用できるのが強みです。このように併用住宅は柔軟な生活ができるので、将来的に自分の子供と2世帯で暮らしていきたいという考えで購入を検討する親もいるようです。賃貸であれ親と同居するのであれ、何よりも問題となるのは、壁一枚隔てた先に人が住んでいるという部分で、場合によっては生活音など騒音に頭を悩ませることもあります。これから併用住宅を建てようと検討している人は、デザインや間取りをイメージすることも大切ですが、騒音に対しても意識を向けておきましょう。なるべくなら、防音対策をしっかり練って、快適な生活環境を作るように心が得ることが大切です。

部屋

暮らしやすさが魅力です

豊田市は自然に囲まれた環境である上に交通の便も良く、住みやすい地域です。豊田市内に注文住宅を建てれば快適に暮らす事ができます。豊田市内には高い建築技術を持つハウスメーカー等が多数営業していますが、目的に合う業者を探す事が先決です。

住宅模型

歴史の街に溶け込みます

京都における注文住宅は、施工業者によって自社の一社だけで全ての工程を賄える場合があります。一社との対応だけで作業が進行するため、利用するケースも多くなっています。他にも、京都の注文住宅として、自然素材を利用した人にも環境にも、そして地域にも優しい家づくりが可能になっています。